No Programming, No Life

新しいNPNLです。http://d.hatena.ne.jp/fumokmm/ から引っ越してきました。

お題:時間帯重複チェック(応用編)

プログラミングお題の一覧はこちら

※みなさんもこのお題をお気に入りの言語で解いてみて下さい。解いたらこの記事にトラックバックをお願いします。

説明

前回の時間帯重複チェックについて、後日、お客様から仕様変更を言い渡されました。
仕様変更の内容は以下のようなものでした。

                                                                                                                  • -
時間帯は二つではなく、複数指定可能として欲しい。 また、重複していた場合、その時間帯を時間順で教えて欲しい。
                                                                                                                  • -
重複の定義、時間帯の形式*1前回と同様のものとして以下のように変更して下さい。 ・重複していた場合には、その重複している時間帯を必要分だけ返すようする ・返却する時間帯は開始時間が早いものから順に並べ替える ・同じ時間帯が2回以上重複している場合でも一つの時間帯とする(例4) ・重複していない場合には、なにも返さないようにする(例5) 例1) 時間帯として二つ(午後0時から午後1時、午前10時から午後0時15分)が与えられた場合 入力:(12, 0, 13, 0), (10, 0, 12, 15) 出力:(12, 0, 12, 15) 例2) 時間帯として三つ(午後4時から午後23時、午前5時から午前10時30分、午前9時から午後5時まで)が与えられた場合 入力:(16, 0, 23, 0), (9, 0, 17, 0), (5, 0, 10, 30) 出力:(9, 0, 10, 30), (16, 0, 17, 0) 例3) 時間帯として六つ(午前9時から午後11時まで、午後1時から午後2時、午後3時から午後4時、午後5時から午後6時、午後7時から午後8時、午後9時から午後10時)が与えられた場合 入力:(12, 0, 23, 0), (13, 0, 14, 0), (15, 0, 16, 0), (17, 0, 18, 0), (19, 0, 20, 0), (21, 0, 22, 0) 出力:(13, 0, 14, 0), (15, 0, 16, 0), (17, 0, 18, 0), (19, 0, 20, 0), (21, 0, 22, 0) 例4) 時間帯として何度も重複している場合 入力:(10, 0, 12, 0), (11, 0, 11, 30), (10, 30, 11, 15) 出力:(10, 30, 11, 30) 例5) 重複なし 入力:(9, 0, 17, 0), (19, 0, 21, 0) 出力:なし <チェック例> timeDuplicationCheck2( (10, 0, 12, 0), (11, 0, 11, 30), (10, 30, 11, 15) ) // => (10, 30, 11, 30) timeDuplicationCheck2( (9, 0, 17, 0), (19, 0, 21, 0) ) // => なし

*1: 4つの整数値(開始時,開始分,終了時,終了分)。