No Programming, No Life

プログラミング関連の話題

Ruby2 - Rubyの基礎文法

概要

ここではRubyの基礎文法についてまとめていきたいと思います。

文字列

文字列はシングルクォーテーション ' もしくはダブルクォーテーション " で囲む。

puts 'Hello!'
puts "Hello!"

文字列の連結

文字列を連結するには + を使う。

puts 'あいう' + 'えお' # => あいうえお

コメント

コメントにはシャープ # を使う。その行#の後ろ部分がコメントになる。 行の先頭に # を置けば、まるまるコメント行になる。

# ここはコメント
puts 'Hello!' # これもコメント

数値と様々な計算

Rubyで数値を扱うには、単に数値を書くだけ。 足し算は +、引き算は -、掛け算は *、割り算は /、余りは % が使える。

puts 2 + 3 # => 5
puts 7 - 4 # => 3
puts 13 * 9 # => 117
puts 32 / 8 # => 4
puts 18 % 5 # => 3

条件分岐

条件分岐は別記事にしました。

Ruby3 - Rubyの基礎文法 - 条件分岐 - No Programming, No Life

関連記事

Rubyのチュートリアルっぽい記事の一覧 - No Programming, No Life